d払い・ドコモ払いは即日で現金化できる!最大10万円の資金策が便利すぎる

d払い・ドコモ払いは即日で現金化できる!最大10万円の資金策が便利すぎる

こちらd払い・ドコモ払いを使った現金化についてご紹介していきます。

月々の携帯料金と合算して支払い可能な携帯キャリア決済が利用可能なサービスです。

面倒な審査や申し込みは必要ありませんので、誰でも気軽に利用できます。

また、支払いを翌月まで遅らせることができるので今お金が必要な方にぴったりの資金策です。

この記事では、そんなd払い・ドコモ払いの基本事項や現金化の方法をご紹介しています。

その他現金化の方法もまとめておきましたので、お金が必要な方はぜひ参考にしてみてください。

現金化する方法から確認する方はこちら

d払い・ドコモ払いの基本事項をおさらい

d払い・ドコモ払いの基本事項をおさらい

まずはd払い・ドコモ払いについて基本事項からおさらいしておきましょう。

利用可能額や返済期日が気になる方、初めて利用する方はチェックしておいてください。

  • d払いとドコモ払いの違いについて
  • 利用上限金額は10万円まで
  • 翌月に携帯料金とあわせて支払う
  • ドコモユーザーなら誰でも利用可能

d払いとドコモ払いの違いについて

d払いとドコモ払いの違いについて表にまとめておきましたので、下記をご確認ください。

d払い ドコモ払い
利用可能な方 ドコモ利用者以外も使える ドコモ利用者のみ
利用可能な場所
  • 街中の店舗
  • ネット決済
ネット決済のみ
dポイントを貯める
dポイントを使う
支払い方法
  • 電話料金と合算(ドコモ利用者のみ)
  • d払い残高
  • dカード・クレジットカード
  • dポイント
  • 電話料金と合算
  • d払い残高

ドコモ利用者なら代金は携帯料金と合算して支払いが可能です。

翌月まで後払いが可能なので、お金が必要な方はぜひ使ってみてください。

利用上限金額は10万円まで

d払い・ドコモ払いを携帯料金と合算して支払う場合、利用金額には上限が設定されています。

上限金額は契約者の年齢や契約期間によって異なりますので、下記を参考にしてください。

契約者の年齢が19歳以下 契約者が20歳以上
一律で月1万円
  • 契約期間が1~3か月で月1万円
  • 契約期間が4~24か月で月3万円
  • 契約期間が25か月以上で月5万円・8万円・10万円から選択

ただ、携帯料金の支払い状況によっては利用できない場合もあります。

d払い・ドコモ払いをキャリア決済でいくらまで使えるのか、dメニューから名ページへログインして事前に確認しておきましょう。

翌月に携帯料金とあわせて支払う

d払い・ドコモ払いをキャリア決済で利用した場合、支払いは翌月の携帯料金との合算になります。

ドコモは請求締日も引落し日(翌月)も基本的に月末です。

例えば、3月末日までの利用分は4月(翌月)の10日~15日頃までに請求書が郵送されてきて引落しは4月30日。

月末が土日祝日や年末年始の休業日の場合は、翌営業日が引落日になります。

月末に引落しできないと翌月の15日に再振替となりますが、ドコモから通知はこないので注意してください。

また、キャリア決済利用分も含めてドコモの携帯代は一括払いしかできません。

分割払いに対応していないことは覚えておきましょう。

ドコモユーザーなら誰でも利用可能

d払い・ドコモ払いはドコモユーザーなら誰でも利用できます。

キャリア決済で支払う場合も審査や特別な手続きは必要ありません。

消費者金融からお金を借りられない・他のサービスが使えず困っている方は、ぜひご利用ください。

d払い・ドコモ払いを現金化する方法と流れ

d払い・ドコモ払いを現金化する方法と流れ

d払い・ドコモ払いを現金化する方法と流れをご紹介します。

難しい手続きもなく、即日でお金が手に入るのでぜひ参考にしてください。

  1. バンドルカードを発行する
  2. 残高をチャージする
  3. 業者に現金化を依頼する

バンドルカードを発行する

まずはバンドルカードを発行してください。

VISA対応のプリペイドカードでアプリから即時発行が可能です。

バーチャルタイプとリアルカードの2種類がありますが、どちらでも現金化できます。

また、カードの発行に審査は必要なく下記情報を入力するだけです。

  • 任意のユーザーID
  • 任意のパスワード
  • 生年月日
  • 性別
  • 電話番号

1分もあれば簡単に登録できるので、お気軽にご利用ください。

バンドルカードアプリのダウンロードはこちらから

残高をチャージする

バンドルカードの準備ができた方は、d払い・ドコモ払いで残高をチャージします。

チャージの手順が分からない方は、下記を参考にしてください。

  1. アプリを開いて「チャージ」をタップ
  2. チャージ方法から「ドコモ払い」を選択
  3. チャージ金額入力
  4. 「dアカウント」の入力
  5. 決済内容確認画面で内容を確認
  6. 画面下へスクロールして、spモードパスワード、またはネットワーク暗証番号を入力
  7. 「承諾して購入する」を選択
  8. 決済完了画面で「次へ」を選択
  9. チャージ完了

基本的には画面の指示に従っていれば、何の問題もありません。

また、バンドルカードにはd払い・ドコモ払いのほかにポチッとチャージという方法でも後払いで残高のチャージ・現金化が可能です。

詳しく解説した記事もありますので、気になる方は下記をご覧ください。

バンドルカードのポチッとチャージを使って後払い現金化する方法まとめ

業者に現金化を依頼する

タスカル

バンドルカードに残高のチャージができた方は、専門の換金業者『タスカル』に依頼して現金化してもらいましょう。

タスカルは他の業者と比べて圧倒的に高い換金率と早い入金が特徴の業者です。

少しでも高値が換金したい・今すぐにお金が必要、そんな方におすすめしています。

また、過去にカード事故を起こした利用者はひとりもいない安全性も魅力的です。

d払い・ドコモ払いを現金化する方は、バンドルカードを発行・残高をチャージしてタスカルに依頼しましょう。

タスカルへお申込みはこちら

d払い・ドコモ払いの現金化は違法ではない

d払い・ドコモ払いの現金化は違法ではない

d払い・ドコモ払いを現金化する行為に対して、違法なのでは?と不安を抱える方もいると思います。

先に結論から言いますと、d払い・ドコモ払いの現金化に違法性は一切ありません。

先ほど紹介したタスカルを利用する場合でも、実際に決済は行われているのでオンラインショップで買い物をするのと同じです。

バンドルカードにチャージする機能も問題ありませんし、違法なのではと不安を感じる必要はありません。

ドコモの利用規約では禁止している

d払い・ドコモ払いの現金化は違法ではないので、発覚したとしても捕まるようなことはありません。

しかし、ドコモは利用規約で現金等を得る目的でのサービスの利用を禁止しています。

ドコモにばれてしまうと、ドコモのサービスを全部または一部停止される可能性はあります。

ただし、タスカルで現金化した方の中に何らかのトラブルに巻き込まれた方はひとりもいません。

他社ではどのような危険があるか分かりませんので、安全に現金化したい方はタスカルをご利用ください。

タスカルへお申込みはこちら

d払い・ドコモ払いを使わない後払い現金化一覧

d払い・ドコモ払いを使わない後払い現金化一覧

d払い・ドコモ払いを使わない後払い現金化も一覧でご紹介します。

個別で詳細情報から現金化の方法を紹介した記事があるので、参考にしてみてください。

限度額いっぱいまで使って方は、こちらもあわせて使ってみてはいかがでしょうか?

まとめ:d払い・ドコモ払いの現金化は即日で完了する

まとめ:d払い・ドコモ払いの現金化は即日で完了する

今回はd払い・ドコモ払いを現金化する方法についてご紹介してきました。

携帯料金と合算して支払いができるので、今お金がない方でも利用できます。

現金化の手続きはバンドルカードの発行から入金まで、即日で完結可能です。

中でも、タスカルならスタッフが代行する手続きも多く初めての方でも簡単に利用できます。

d払い・ドコモ払いを使って現金化する方は、お気軽にお問い合わせください。

タスカルへお申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。